2083回 7月23日(水)小雨・曇天・たまに薄日を繰り返す/気温23度・水温25度

☆☆ ジャズならば「サンタが街にやってきた♬」にたとえようか?  またまた、うなぎ3博士が かばんに七つ道具を詰めてやってきました。

今日の目的は、沼泥の採集、それも表面と約1,5M下の2種類の泥の菌類・微生物の違いを知りたいとのことでした。

うなぎの赤ちゃんが食べる餌さえ見つかれば、完全飼育の道が開ける。この大きな目的に向かって博士さん達は今日も別所沼にきたのです。

沼の概況を知るにはまず ① 天気・気温・水温 ② 次にペーハー(PH測定)紙 ☆最も重要なのは ③ 溶酸素濃度計(PPM) ④その他諸道具

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

測定箇所は A・弁天島南側 B・西排水溝(入口~30M出口)C・一本杉排水溝 迄。 三時間の作業でした。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ 弁天島南  気温23,2度 水温25,9度                   水面20センチ=7,5ppm    水面下1,2M=0,3ppm        ph=6,0  弱酸性

〇 一本杉排水溝  気温24,8度 水温23,5度  溶酸素濃度=5,6ppm      ph= 6,5 弱酸性

N博士の別所沼講評は        先ず、ここは微生物及び菌類が良質に育って存在している。その発生要素は沈下落ち葉の堆積だ. 但し落ち葉を放置して堆積が過剰になれば当然藍藻類が過剰発生となるので適切な除去を要する。 毎日300tの工業用水を注水しているが それは無駄ではないが浄化費用としては勿体ない。沼水の循と雨水の導入を工夫して工水費用(年間450万円)を大幅に節約できる。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク