2069回 6月19日(水)晴れ・北西の風0~2M/気温223度6度・水温25度

沼面穏やか、さざ波立ってアオコ色映える。

水量計 トータル=491564㎥ 瞬時=12,5㎥×24=300㎥

水位 ①西排水溝=220mm  ②F/水門=320mm ③一本杉排水溝=20mm      ④ハス池=220mm (緩やかに親指泉に落ちる)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の作業 イナガキ君 青いし(二人は鋤鍬をふるって連続3日) くたびれた!!

沼泥=100㎏(計・700㎏)   腐葉土(NO2函)撹拌&すき返し。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トピックス

伝説の社会奉仕家「高野さん」にとうとう会えた!!

噂の人の存在を知ったのは、一方の☆惑星「大里さん」と同じころ(2012年)だった。運河橋に寄りかかりながら、沼釣り友の会の鈴木会長からこんな奇特な人がいるよ!!と聞いたのがその始まりだった。こんな人の噂話とは? 先ず、1・身障者の授産施設で手織物を作って販売している。2・小さなお店をを構えて数種の物販をいとなんでいる。3・中国とのいくつかのルートを確保して取引をしている。などなど、いずれも好奇心を刺激してやまない「怪傑ゾロ」のようなイメージが橋の上で作られた。以後何度も会長のはなしを聞いては会いたいの思いが募ったが、とうとう14日に連れて行かれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

〇 高野さんは1939年米沢生まれの80才。長らく紡績会社勤で現業に勤しんで60才を過ぎたころ、自分のなすべき使命感を満たすべく、ジャイカに身を委ねて新興中国へ織物指導に10年挺身、範囲は東西南北の主要都市をおおかた巡って獅子奮迅の活躍の後ほぼすべてを伝え尽くして元の日本社会に戻った。70才を迎えて間を置かず つぎの課題を身障者の更生援助に向けた。織物技術をベースに製品を開発しつつ現在に至っている。お店の中はほとんどごった返していて工場内とさして変わらない息ずきが かんじられた。▽ 野菜も産地直送、大きなキャベツ・玉ねぎ・ジャガイモが格安で売られていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

■ そこからさらに語りが続くのだが、ひとまずここまでにして明日またおじゃましすることにし 退散した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

沼ともブログ

◇ 楠田スマイル2020

◇ バイクの松尾

◇ みんなのカオリン市政報告

◇ 別所沼プレ~パ~ク

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク