2031回 3月31日 日曜日 晴れ・気温10度・寒の戻りか指先がかじかむ

今日は勉強の日だ!!

09:00 ウナギ博士の飯谷さんと武蔵浦和駅にて待ち合わせる。

10:00 本郷は東大農学部に到着

なんとなく颯爽とした気分で鉄飾りを嵌めこんだ大手門を入ると日曜日の静かな校内は程よい緊張感と静けさに包まれていた。古びた学舎を曲がって進むとガラス張りの新しい「中島記念ホール」が有った。

10:05  塚本先生がご挨拶をされすぐに  研究発表が始まった。

 

名付けて

EASEC「東アジアウナギ学会」

総会・第二回研究発表会

 

 

13科目が15~20分間で発表されて質疑応答が続き きびきびと淀みなく進んだ。  僕は新奇な文言に戸惑いながらもメモを取ることに集中した。 周囲の多くは小型のノーパソに前もって資料を取り込んで有って発表を聞きながら ピアノを弾くように指をよどみなく躍らせていた。

 

◎ 錚々たる気鋭の研究家に混じって、愛知県蒲郡の三谷水産高校の生徒4人が「ウナギ完全養殖への挑戦」と題して 何ら臆することなく堂々と最新の研究成果を発表して会場と塚本先生のお顔を和ませていました。

☆ 要は ウナギの生まれたばかりに赤ちゃんの食べ物ができない。此の一点だけなのです。  少し大きくなれば(レプトセファルス)つまりシラスと呼ばれる数センチ程になれば 食べ物はたくさんあるけれど。

 ▽ ① 完全養殖には一応成功しているがコストが高すぎる。

② 様々な実験を繰り返しているが安価な方法がまだ見つかっていない。

 

小さな子供が二人来ていて、おやおやと思いつつ目線を送っていると不思議にも 身じろぎもせずに聞き入っている様子にはいささか驚嘆でした。 世の中には時々こんな大人より落ち着いた子供がいて わが身に振りかえってため息が出ることがたまにあります。

すべての講義を聞き終えて 学校を出たのが16:00  ほど良い疲れと学問酔いに見舞わながら 千鳥足で地下鉄に向かった。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク