1995回 12月6日(木)雨・北の風微風/気温9度・水温12℃

0930 小雨降る中を、飯谷ウナギディレクターがビニ袋(小)を手にして登場。  さて?何のことかとよくよく聞けば! 「石クラゲ」だよ!!と言いながら 緑色の寒天状の生物の説明を始めた。

ネンジュモ属 陸棲藻類で 太陽の光を浴びて 活発な光合成作用により酸素を吐き出す。見た目 わかめとコンニャクを合わせたような姿でさまざまな裸地やコンクリートのの表面に見られ食用にもなるそうだ。

注目すべきは「酸素」を作り出す作用を利用してエアレェションの装置を必要とせず、水中微生物(ミジンコ・)を育てることができるはずとの事だった。


ひとまず発泡スチロールに移して雨上がりの午後の薄日にあててみた。

資料・石クラゲとは?

   石クラゲ・2

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク