1989回 11月22日(木)曇り・北の風0~2M/気温13度・水温13,8度

○ 水温・15度以下~ アオコ発生 浮遊、ほとんどなし。

前日 21日までのアオコ浮遊状況(小指が淵ニテ)


気温14,5℃

水温15、7℃

 


15度以上の発生状態。

 

アオコ発生条件の基準点15度説を初めて観察してみたが 果たして? この説で良いかどうか更に追及してゆきたい。

水位 

① 西排水溝~180ミリ(21日・180mm 20日・183mm 19日・183mm 18日・180mm 16日・180mm 15日・180mm)

② F/水門~363mm(21日・360mm 20日・364mm 19日・363mm 18日・365mm  16日・370mm 15日・372mm)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

再び、ウナギ3博士が来た。 再度沼の底泥の採集(優良微生物)です。

ウナギ養殖実験の個々の泥が役に立てれば弁天様も僕らも喜ばしく誇らしい。

左・飯谷氏 中沢氏 若狭氏

 

 

弁天島の南側の泥がベスト!!

ビニ袋に1Lほど入れて、前回同様 酸素を吹き込む。

中沢氏が排水溝の微生物も見たいといわれて、ペットボトルに100CCほど詰めて渡した。 翌日電話が有ってこの排水にも微生物が元気に泳いでいると言ってきた。

○ 各地に散在する湖沼のウナギ生息現況の調査メモを見せてもらったが、ほとんどの処でウナギが生息している中に1Mの大ウナギがいたとの事。シラスウナギが(安価で)養殖に成功すれば、全国に広めて かつての日本ウナギ大国の復活も夢にあらず!!とにんまり語っていた。

○ なぜ!ウナギの完全養殖が困難なのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

沼ともブログ

◇ 楠田スマイル2020

◇ バイクの松尾

◇ みんなのカオリン

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

カテゴリー: 未分類 パーマリンク