1983回 10月27日(土)晴れ・微風~北1M/気温17度・水温18.5度

アオコの発生温度はおよそ15度を目安とすると資料に有ったが果たしてここではどうだろうか?

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水量計 日量 10,5㎥×24時間=252㎥

水位  ①西排水溝  195mm(前夜小雨アリ)

    ② F/水門  350mm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の作業 0900~1200・ ふみえさん 永ちゃん 青いし 

      四郎池草取り  菊畑ごみ掃除

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

別所沼の絵かき「須田剋太展」を吹上生涯学習センターに鑑賞に行く。

 7月、真夏37度のカンカン照りを押して鴻巣の環境センターに行くも まさかの ケンモホロロ扱いに泣いたあの日を思い出しながら、今日こそは!!を胸に秘めて会場にむかった。

 

江戸期吹上宿は鴻巣と熊谷宿の中間宿として機能していた。

陽はあかあかと照り秋霜は見当たらないが相当の烈日だ。須田画伯は1906(明治39年)に生まれ21歳までこの地で育ち 故有って浦和に住むことになり、遅まきながら絵を描き始めました。普通の絵が描けなくて芸大を4回滑ったそうです。

浦和には15年ほど暮らして絵画修行に打ち込み、いくつかの名作を残しました。  昭和17年戦争の最中に京都~奈良に転居して更に絵画作品を生み続け1994(平成2年)84歳 神戸で没しています。

 

 

 

 

僕が須田剋太画伯を知ったのは1971(昭和46年)、司馬遼太郎「街道をゆく」週刊朝日の挿絵が初めてでした。それが奇しくも別所沼の東べりにお住いの須田毅彦さん(メキシコ広場の立案者)が甥ごさんで剋太アトリエはお隣どうしだったと聞き鳥肌が立ちました。

○ 毅彦さんから吹上展の招待はがきを譲り受けて27日の最終日に入館した訳です。

吹上のご友人の 加藤 勉さんに「街道をゆく」の原画を解説していただきました。 なかでも画集や写真では全く解らなかった「紙の切り貼り」が随所になされていることにビックリしました。確かに且つて観た「東大寺」や「ゴビ砂漠」では明らかに色紙を切り貼りした作品に出合ったけれど この街道をゆく(30㎝×40㎝)の画面に巧みに仕組まれていようとは!! この発見には 加藤さんの説明とともに顔がほころびました。

更に 僕の今日の最大の目的は 剋太さんは別所沼のほとりに10年近くも住まわって別所沼を描かなかった筈がないとの思いから加藤さんの協力を得ようと勇み立ってその旨をお伝えしたところ、有り難く嬉しいことに「あるある!」と即答してくれました。加藤さんの記憶は確かで。10数冊の画集の中から「これだ!これこれ!」と開いてくれました。


 

 

 

この作品 沼のどの場所を描いたのかわからないけど木立の意外な明るさにハットした。 所有者は吹上のお医者さんとの事でした。 さらにもう一点は「うらわ美術館」が所蔵していると確かなお話を聞かせてくれました。

13時~15時30分 素晴らしいドラマのわき役を演じられた満足感と吹上の人情をバッグにつめ 夕日を背にして駅に向かった。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク