1978回 10月12日 (金)小雨のち曇り・気温20度・水温20,6度

北よりの風そよそよ吹いて小雨の沼面は抹茶色して穏やか。

 

 

 

 

水量計  日量1,5㎥×24時間=276㎥(総計437378立方m)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の作業 0900~1130  ふみゑさん・青いし

 

まだ雨が残ってるのにふみゑさんはここに来ずには居られないようです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▽ さてさて? この冬(2018・11月~19・3月迄)の「落ち葉掬い」はいかにして取り組むべきか!!を考えよう。

◎ 2012年以来7度目今季は 市長に直接「私の提案」にまとめて郵送の手段をとるのが良策と思うので木枯らし1号の来る前にまとめたいと思うのです。

ではこれまで何故、それをなさなかったかと謂えば、1、沼の管理は当然「都市局 公園課」~「公園緑地協会」で 2、沼の周囲は完ぺきに手入れするのに「沼そのもの」はそれが見当たらず。3、2012年設立・「別所沼を守る会」の僕らがその年の9月から手を付け始めました。4、その年の木枯らしの吹くころに落ち葉が沼に降り注ぐ光景(異様な)を見て驚きました5、現場に来合わせていた数人は慌てて「大型掬い網数種」を急造し 寄せ来る落ち葉を集め環境課支給の45Lゴミ袋 に詰め込みました。 6、その結果 驚きの2500袋という結果でした。7、その次の冬には応戦体制を改良して待ち、集めまくった結果 やはり同量、≒2500袋でした。8、さてさて!これが毎冬ごとに沼底に沈みそして腐食しアオコが大量に発生し異臭が漂うのかとの推測は容易(誰が見ても)でした。8、以来 作業方法を改良して 回収には大型バケットを使用して今冬で7冬目ですが、数字的には一冬16トンにも上ります。

つまり、これらの実態を把握するのに体験が必要でしたし自信もなかったからです。一昨年の9月に大里さん(沼の生き字引)に巡り合うことができました。

◆ 政令指定都市さいたま市に移行(2003・平成15年)する以前 県の管理の時代の秋ヶ瀬・北浦和公園・別所沼公園担当の大里氏(現在別所沼会館在職)の証言では、沼杉の成長(1955・昭和30年戸田公園より落羽松560本・メタセコイア380本移植)とともに落ち葉対策が欠かせなくなり数種の方法を講じたと。

 

ブル型掃沼艇も考案の一つ。制作一式300万だそうです。

 

結局、大里さんの時代からさいたま市管理に移行したときなぜだろうか?対落ち葉作業の引継ぎが無くて10数年間落ち葉が放置されて、アオコノ大発生となったのです。

▲ そこで提案ですが ちょっと草臥れたので 明日記載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

沼ともブログ

◇ 楠田スマイル2020

◇ バイクの松尾

◇ 別所沼プレパ

◇ みんなのカオリン

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク